重装機兵レイノス 塗装 その3 剥がし・墨入れ・汚し

重装機兵レイノス
ボディ塗り終わったら、デカール張って、ほんでペリペリ剥がし。サーフェイサー替わりに塗った銀のスプレーのベースをチョロチョロ見せて重量感を狙う形で。
が、ボディが梨地になったため思うように剥がれない。しゃーないのでガリガリこすって傷つけまくり。
重装機兵レイノス

ほんで墨入れでエナメル流しこんで、ついでに汚しも。綿棒何本使ったかわからん。
重装機兵レイノス

ちなみに後ろ。バーニアにデティールアップパーツを入れてそれらしい感じで。独立して駆動する感じじゃ。
重装機兵レイノス

反対側。左右対称なんで、あんまかわらんね。
重装機兵レイノス

この時点でエナメル負けしたのか、顎がわりのフレームバーが折れる。
金属で代換えしようかと思ったがええ太さのがないので接着して忘れることにした。
子供らに触らせんようせなな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください